「東広島メディカル整体院」痛み・シビレを根本改善し、最高の笑顔へ

藤東 悠也

院長

経歴:業界歴11年
資格:柔道整復師

ごあいさつ:私は、1988年1月13日に広島県呉市で生まれました。小さい頃から外で遊ぶことが大好きでよく怪我をしていました。指の骨折、腕の骨折、股関節の脱臼、言い出すとキリがないです。「目を離すと怪我をする」とよく言われていました。

私の家族構成は、会社員の父、パートで働いていた母、2つ上の姉の4人家族でした。2014年に結婚し、現在2歳の息子がいます。

小さい頃から両親や祖父母の肩揉みなどをよくしていたみたいで「ありがとう。楽になったよ!」と言うと喜んでやってくれていたよと両親から聞かされました。もしかするとその頃から誰かを助けたい、楽にしてあげたいという気持ちがあったのかもしれません。

将来は息子が肩揉みをしてくれることを楽しみにしています(笑)

IMG_2334施術家を目指したきっかけ:
中学生から始めたサッカーで、大事な試合の2週間前に練習で足を痛めてしまいました。

あまりの痛さにこのままでは試合に出られないと思いながら治療院に通った時に先生が「大丈夫!大会までに良くなるよ!」と言ってくれて不安だった気持ちが吹き飛び、とても嬉しかったことを今でも思い出します。サッカーをやりたい気持ちを抑えて苦しい日々を過ごしましたが、治療に専念した甲斐もあって無事試合に出場することができました。

それから、痛みで困っていてやりたいことができなくて悩んでいる人を助けたいと思い、柔道整復師の専門学校に入学しました。

3年間必死に勉強して挑んだ国家試験に合格した時はとても嬉しかったです。

未来施術家の道から開業へ:
国家資格を取得して、大いなる希望を持ちながら働き始めた治療院では、多くの患者様を診させていただいていました。

しかし、患者さんを治すことが出来ず、逆に痛みが増したという患者様もいました。その時にあまりの忙しさに施術が流れ作業になっていることに気付かされました。自分の無力さを痛感して悩み、苦しみ、それから必死になって勉強して今の知識や技術を身につけてきました。

それから、一人一人患者様に向き合い施術をしていきたいと思い、「東広島メディカル整体院」を開業しました。

お陰様で当院も開業1周年を迎えることができました。

患者様が諦めていた目標を達成できて笑顔になっていく姿が何よりの原動力となっています。

皆様が痛みなくやりたい事をすぐやれていた【あの頃】の自分に戻れるように全力でサポートいたします。

 

濱下 将大

スタッフ経歴:業界歴11年
認定・習得:
柔道整復師

ごあいさつ:1988年3月19日に広島県呉市で生まれました。小さい頃は大人しく女の子みたいと言われていました。小学生の頃には、父親の背中に乗って腰や背中を両足で踏みながらマッサージをしていました。なので、小さい頃から人に何かを施すということが当たり前でした。

施術家を目指したきっかけ:学生の頃から人見知りで人とコミュニケーションをとるのが苦手でした。それを変えたいと思い、仕事は人と接する仕事に就こうと考えていました。当時は、サッカーをしていたこともありスポーツトレーナーを目指していましたが、ご縁をいただき接骨院でインターンをすることになりました。

そこで、初めて柔道整復師という身体のケアをする仕事に出会いました。

その時の上司に「資格を取ってからでもトレーナーはなれるよ!」と言われて学校に通うことにしました!

夕方までは仕事。夜は勉強の毎日を3年間過ごして無事に資格を取得することができました。

おかげさまで今は患者様と良好なコミュニケーションがとれて喜んでいただくことができるようになりました!

 

施術家として:僕たちは患者様の身体から痛みを取り除くお手伝いをして、健康的な身体作りを支えることが仕事です。

ただ、僕は施術家の本質はそこではないと思います。

人は誰しも人生の中でやりたいことをやるために生活していると思います。そのやりたいことをやるためには、まず健康であることが大切。健康はその土台になるものです。

そこを支えていくことが本当の仕事だと考えます。

世の中には、本当に様々な健康情報が溢れています。そんな中で効果が実証されているものを提供すること。そして、それを実践していただくこと。そこに尽きると考えます。

だから、僕は患者様のやりたいことができるようにするための土台を作るお手伝いができるように研鑽を積んでいきたいと思います。

その先に関わった人が喜んでもらえる施術家になれると信じています。

 

「東広島メディカル整体院」エリアの口コミ評価No.1 PAGETOP